神戸のクリニックでED治療を受けてレビトラを処方してもらいました

ED治療に実績があるクリニックへ

神戸 ED治療【池袋スカイクリニック】東京都豊島区

最初に問診票を記載しましたが、それに基づいてカウンセリングから始まりました。
人によってEDの症状は異なるということなので、とにかく詳しく話すことにしました。
恥ずかしいかもしれないと不安に感じていましたが、医師が男性で話しやすかったこともあり、気になることからライフスタイルまで話すことができました。
話しただけで気持ちがすっきりしたので、自分でも驚きました。
今までEDは病気ではないと自分で思い込むようにしていましたし、誰にも相談できないというところに知らないうちに鬱屈した思いを抱いていたようです。
医師に話すことができたことで、治療ができるのであれば改善したいという積極的な気持ちを持つことができるようになりました。
カウンセリングを受けた後に、治療方法について説明してもらいました。
手術など外科的治療をすることで改善する方法の他に、心理的なことが原因な場合は心理カウンセリングを行う方法、そしてホルモン療法や薬剤で治療をする方法があるということでした。
医師と話をした結果、心理的なものが原因ではないことがはっきりしたので、他の治療方法を試すことになりました。
ただ個人的に、外科的な治療を行うのは避けたいと考えました。
器具を体内に埋め込むという治療は有効だということは理解できましたが、自分は痛みを感じることがすごく苦手なので、手術を用いた治療は辞退することにしました。
医師からは薬剤を服用する方法がED治療には多く用いられているということで、まずは薬剤治療から始めましょうということになりました。
ED治療として使用する薬剤は処方薬になるので、ドラッグストアなどで市販薬として販売されていませんから、医師に処方箋を書いてもらうことが必要になります。
日本では複数の処方薬がED治療に使用されていますが、それぞれ特徴があったり、体質によって効き目が異なるので、それを医師に見極めてもらうことが大事だということがわかりました。
自分の中では、EDに効果があるものといえば、バイアグラだと思い込んでいたので、他に色んな薬剤があるというのに少し驚きました。
実際にバイアグラは今も広く使われていて、ジェネリック医薬品もあるため、安い費用で治療が受けられるという魅力がります。
血液検査や体質についての問診を受けた後で、医師からはレビトラという薬の処方箋を書いてもらいました。

30代になって急に勃起不全に | ED治療に実績があるクリニックへ | ED治療を行うときに使用する薬